32. アレルギー

【アレルギーとは?】
 アレルギーは,もともと人のもつ免疫力の一つ.
 外から入ってきた異物を体の外に出そうとする力です.
 たとえば,鼻の粘膜に花粉がついた時,体は鼻水を適度に作り花粉を外に出そうとします.ところが,花粉に敏感な人の粘膜は大騒ぎ,鼻水を山ほど作ってしまい,結果として鼻がズルズル.
 適度に起こってほしい免疫反応が強く起こり過ぎ,かえって体を困らせる結果となることを,アレルギーと呼びます.

【頭痛とだるさ】
 M君は,中学2年生.5月の連休明けから,頭痛に悩まされるようになり,近くの小児科を受診.起立性調節障害(前ページ参照)と診断され,投薬を受けました.
 当初,頭痛は少し軽くなりましたが,同時にあった体のだるさが抜けず,学校も休みがちになった,と来院しました.

【心の病気?】
 「だるくて,気力がわかない」と訴えるM君の顔は青白くみえました.無気力症候群とも,不登校の初期とも思われるM君.例によって,M君の自由意志による生活をお薦めして,経過をみることにしました.
 1週間後,「自由に生活してみましたが,やはりだるく,頭も重たいです」とM君.「ご両親は君に干渉しませんか?」の質問にも,首を振りました.
 血液検査ではアレルギーと関係する免疫グロブリンE値が高めで,幼ないころ皮膚や気管支が弱かったというお話から,抗アレルギー剤を処方してみました.
 次の診察日,「嘘のようにだるさがとれました.頭痛も軽くなりました.薬をはじめて4,5日目ぐらいから楽になりはじめました」とM君.
 「やはり何かのアレルギーだったのですか?」

【アレルギーと体調不良】
 アレルギーというと,花粉症,喘息,アトピー性皮膚炎,蕁麻疹などが頭に浮かびますが,頭痛,だるさといった体調不良はちょっと意外かも知れません.
 アレルギー性緊張弛緩症候群という病気があります.はっきりとしたアレルギー症状はないのに,頭痛,だるさ,めまい,微熱などの症状が現れる病気です.
 そういえば,花粉症,喘息などの患者さんが,具合の悪い時期に,頭が重たい,だるい,眠いなどと訴えることがあり,関連があるのかも知れません.
 不定愁訴の原因として,頭の隅においておくといいでしょう.
 次回は,
過敏性大腸症候群について.

「東葛まいにち」平成11年3月27日号掲載記事より
homeへ